子なし主婦

子なし専業主婦ひきこもり生活を楽しんでいます!ダメですか?

どうやら専業主婦の引きこもりが問題視?されているようですが、私は楽しんでいます!

どうも、選択子なし専業主婦ブロガーのmimi(@mii_mii93205607)です。

 

完全な引きこもりかって言われるとそうでもないのですが、週3日はまったく家から出ないですね(笑)

苦痛は感じません。

 

 

選択子なしって?

好きで引きこもっている

私が引きこもり子なし専業主婦なったお話をしますね。

私はもともと結婚してからの13年間、ほとんどパート(週2〜3)をしていました。

まぁ若いし、自由に使えるお金たくさん欲しいし、友達いなしといった理由からです。

 

しかし、

いつかは『専業主婦』になりたい!

という思いはずっとありました。

 

有難いことに夫は専業主婦でもパートでも良いタイプで、私が稼いだお金も私のお小遣いになるだけなので、専業主婦になるのを決めるのは自分次第でした。

 

そうして、40歳を手前に自宅でネット収入を得る方法を見つけ、ある程度自信ができたので、パートをやめて『専業主婦』になりました!

最高です。

そうして今、好きこのんで引きこもり専業主婦をしているわけです。

 

■私が引きこもり専業主婦に向いている理由

  • 人と会うのが嫌なときがある
  • 一人の時間が好き
  • 一人もで苦痛を感じない
  • 家が大好き
  • 基本はインドア派
  • 低血圧で朝がとてもつもなく苦手、動けない
  • 何個も同時に作業できない
  • 虚弱体質
  • 自分のペースが乱れるとストレスがかかる

引きもこり子なし専業主婦はうつ病になりやすい?

専業主婦は、うつ病になりやすと言われているそうです。

私は楽しんでいるので、勿論ですが全ての人ではないですよね。

 

それはさておき、なりやすいと言われる、その原因を考えていきましょう。

働いていないという罪悪感

結婚前はバリバリと働いていた方は、特に感じやすいと思います。

「人は誰しも働いてお金をもらい、そうしてご飯を食べられる」

こんなことを頭をよぎるでしょう。

 

外食したりお惣菜を買って食べることにも罪悪感を抱く子なし専業主婦の方もいます。

いつも夫や他の家のお嫁さんと自分を比較してしまい、罪悪感と戦っているのです。

孤独

子なし専業主婦の場合、ママ友という組織にも入らないので、自分次第で本当に孤独空間を作ってしまうことができます。

近所のお付き合いといっても、そんな長時間話したり、食事したりなんて通常ないですからね。

 

普段は対人関係のストレスがなく、ゆったりした生活ができるのはメリットです。

しかし、何か悩み事などができたとき、旦那さん以外に話せる人間がいないとう窮地に陥ります。

旦那さんがいつも余裕がある人なら良いですが、仕事が忙しい旦那さんに自分の口をこぼすのは勇気がいりますよね。

結果、ひとりでストレスを抱え込み「うつ」を発症してしまう可能性があるのです。

完璧主義

働いていない自分だからこそ「家事」だけは、完璧にやりたいと考えるのが子なし専業主婦です。

完璧にやれているときは良いのですが、体調不良・家の用事なので思い通りに家事ができな買った時に大きな落ち込みに襲われます。

外で仕事もしていないのに、家事もできない。

 

こんな私はなんのために生きているんだろう・・・

オーバーかもしれませんが、ひとりで家にいるとここまで思い悩んでしまうケースもあります。

夫婦喧嘩

専業主婦だからといって、いつも仲良し夫婦とは限りません。

離婚問題とはまでいかないけれど、夫婦喧嘩します。

その時です!

 

夫婦仲が良いときは、専業主婦である自分に満足し幸せを感じていられます。

しかし、喧嘩して夫婦喧嘩をし関係が少し揺らぐると、心も大きく揺れて不安定になります。

 

「このまま離婚なんてことになったら・・・」

「ずっと専業主婦だったけど、今更社会で働けるの!?」

そんなことで頭がいっぱいになります。

すぐに仲直りをし、関係が元通りになれば良いのですが、長引くと相談しる相手もいなしい、ひとりで思い悩み「うつ」になる可能性があるのです。

転勤族

これは身近でも聞いたことがあります。

まったく知らない土地に引っ越しで、知り合いまし友達もいない環境では、孤独を感じるものです。

 

私も結婚して引っ越して、はじめの頃は街を探検したり新鮮で楽しかったですが、徐々に友達も家族もいないと実感し始め、寂しくなったものです。

パートをはじめたり、オフ会に出て友達を作りなんとか防げましたが。

 

大人でも思っている以上に、新生活が起こす精神的負担は大きいのです。

 

子ありさんの場合、既にできているママ友の輪に入れない・入る勇気がない。

そんなストレスもあるのではないでしょうか。

参考

引きこもり子なし専業主婦がうつ病にならないためには

うつ病になる原因がわかったので、うつ病にならないための対処法を考えていきます。

完璧主義はやめる

家事に終わりはありません。しかも、古い汚れがめちゃくちゃ頑張っても取れないときは取れません!

十分、あなたは頑張っています。

「これくらいで良いよね」

を増やしていきましょう!

相談する

ひとりで思い悩む方がうつ病になりやすいと言われています。

人に話すだけでも、気持ちがすーーっと楽になります。

 

同じ専業主婦の友達や兄弟姉妹などに相談しましょう。

友達がいない。。。

そんな方はインターネットを通じて同じ境遇の友達を作るも良いと思います!

私もインターネットを通じて、同じ子なし主婦の友達ができました。

体を動かす

日常的に運動している人は、うつ病になりにくいとされています。

特に有酸素運動は、落ち込んだ気分を改善してくれます。

 

運動すると交感神経が活性化され、交感神経が優位な時間が増え、ポジティブな気分になりやすいからです。

私は週1〜2回ジムに通っています。

決まった曜日にジムに行くようにしていますが、気分が落ち込んでいるときは予定外の日でも走りにジムに行きます。

気分がよくなることがほとんどです。

子なし専業主婦であることに悶々としたときに読んで欲しい本

どうしても家に一人でいる時間が長いと、余計なことを悶々と悩んでしまうんですよね。

特に子なしさんだと『子なしで良いのか』『子なしなので働かなくて良いのか』

など、子なし・専業主婦であることを悶々と考えがちだと思います。

 

そんな時に読んで欲しいなーと思う本をご紹介します。

私が実際読んで心が晴れた本です。

 

子どもを持つのは本当に正しいことなのか、子どもを持たない苦しさとは、不倫とはどういうものなのかを考えさせられる本6冊です。

ここで言う、子を持つ理由というのは決して、否定的な意見を言っているわけではありません。

このような考え方もあるんだなという感覚で読んでいただけると、ありがたいです。

 

自分の幸せは自分にしかわからない。そしてそれは他人が決めることではありません。

子なし主婦おすすめ本  わたしが子どもをもたない理由(わけ)

世の中の多くの人は子どもを持つことを1つの幸せだと考え、産んでおくべきだと考えていると思います。


もちろん誰しもそう考えているというわけではなく違う考えの方もいると思いますが

多くの人は子どもを産むのは大切だと思っているでしょう。

しかしそれは本当なのでしょうか?


昔のように必ず子を産めという時代ではありませんので、子を持つというのは1つの選択肢となっているのではないでしょうか

私のような『選択子なし』には有難い時代です。

私が子どもをもたない理由(わけ)はそのようなことを書いてある本になります。

 

今までの説明だと作者の下重暁子さんが子を持つことに否定的と受け取ってしまうかもしれませんが、下重さんは全くそのようなことを思ってはいませんのであくまで選択肢として考えようという話です。

子どもを持たない人は寂しくないのか、人としてどうなんだと思われることの多い現代ですが、あくまでそれは人の価値観のものさしであって比べるのもではありません。

事実子を持たない方でも幸せに生きている方はいらっしゃり苦労をしているようには見えませんし、そのような方達は子を持つことは悪いことじゃないけど選択肢の1つとして考えています。

 

同じ考えを持てというわけではありませんが重く考えず選択肢のつなんだよということを教えてくれる一冊となっています。

 

わたしがが子どもをもたない理由(わけ)を読む

子なし主婦おすすめ本 産まないことは「逃げ」ですか

続いては吉田潮さんによる『産まないことは「逃げ」ですか?』という本です。

前述したように結婚=出産という意識がある方は男女問わず一定数いらっしゃると思いますが、こちらの本も「本当に子どもが欲しいのか?」と投げかけるいう内容になっています。

もちろん吉田さんも子どもを持つことを悪いと言っているわけではありません。

 

むしろ何としてでも子どもが欲しいと思っており様々な方法を試してきた方になります。

しかし吉田さんは不妊症であり子どもを産むことが難しい状態でした。

そしてどうにかしようと不妊治療を始め、苦労の末何とか妊娠はできたものの流産という結果になってしまいました。

そこで吉田さんは、子供は本当に欲しいのか?ということに気づき必ずしも産んだ方がいいわけではないとし気付くことができたと語っています。

不妊、流産からの気付きという中々辛いものではありますがここで区切りがついたようです。

 

子どもが欲しいと考えている方たちは一度本当に欲しいと思っているのか産むことによって世間や女性はこうでなくてはならないという意識に囚われていないかというのを、考えさせられる1冊となっています。

 

産まないことは「逃げ」ですか?を読む

子なし主婦おすすめ本 子なしのリアル

続いては、子なし女性がリアルな生活の中で感じていることが書かれている本になります。

 

とってもリアルな内容です。日頃からネットで子なしの情報を見たり、同じ子なし友達がいる方にとっては、「わかるよー」「体験したよー」と感じることがあると思います。

子なし女性であることに孤独を感じているが、あまり子なしについてネットから情報を入れない。子なし友達を作らない。という方に読んで欲しいと個人的には感じました。

他にも多勢いることを知り、心を軽くして欲しい。

子が持たないことは恥ずべきことでもないし、ひけらかすことでもない。

ただ、人生の選択の一つ。そのようにしかならなかったと言うこと。

 

子なしのリアルを読む

子なし主婦おすすめ本 不倫サレ日記。結婚9年目で33歳子なし兼業主婦が不倫されてみた

次に紹介するのは不倫をされた女性のリアルな内容を書いた本です。

 

いつの時代も不倫をする人はたくさんおりそれによって傷つけられている人は何人もいらっしゃいます。

不倫サレ日記の作者である「あめ子」さんもその1人であり、夫が会社の後輩と浮気してしまい離婚まで持って行く物語になっています。

 

特筆すべきは心理描写のうまさと、読んでいるだけで実際に体験したわけではないのに、夫へのムカつきが止まらないところです。

熟年夫婦の離婚もあるくらいなので、お互いの気持ちのずれというのは出てきてしまうものではあると思いますが、「夫は不倫したのになんでこんな堂々としていられるんだ?」と感じる場面が多くイライラしてきます。

なめんなよー!

 

それに対するあめ子さんの心の消費が激しく見ていて辛いものがあります。

しかし不倫された側(あめ子)にも問題があったのだなと自身で語っていますので自分を見失わず冷静に分析できる方なんだなということがわかります。

人によってはリアルな内容が気持ち悪いと感じるかもしれませんが、浮気されたらどのような気持ちになるのかわかりますのでオススメです。

アメブロやpixivなどにも一部を掲載していますので気になった方はぜひ読んで見てください。

 

不倫サレ日記。結婚9年目で33歳子なし兼業主婦が不倫されてみたを読む

子なし主婦おすすめ本 子なし専業主婦ですが何か?

挑戦的なタイトルが好きです♡

著者は倉本かなこさん。旦那さんと猫と仲良く暮らしてる女性です。

 

完璧主義なあまり生活中でストレスを抱えてしまう女性が描かれている。

「専業主婦」というだけで批判の対象になります。子持ちでもです。それが子なしとなると恐怖です(笑)

 

周りの目が気になり、外に出るのが億劫になる方もおられるでしょうよ。

批判が起きるのは、一部ではどこか憧れがあるからだろうと私は思います。

「子なし専業主婦」で苦しい思いをしている方は、ぜひ読んでみてください。「何か?」と言える強い心が手に入るかもですよ!

 

色々考えると「子ども持つ余裕なんてない」「負担がかかりすぎる」そう思う女性が子どもを持たない選択をするのは正しいのではないでしょうか?

人によっては、サポートしてくれる実家も身内もいない。そんな中で育児をするのは本当に大変なことです。

一人一人精神的・肉体的な許容範囲は違います。

 

子なし専業主婦ですが何か?を読む

子なし主婦おすすめ本 誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方

2017年12月に出版されたくどうみやこさんの本です。

子なし主婦で1番よく読まれている本ではないでしょうか。

 

スッキリした。悩みが楽にあった。引き目を感じなくなった。前向きに子なし人生を楽しもうと思った!

こんな感想をよく聞きます。

 

本の内容は、

第1章「産む」と「産めない」の狭間で

第2章子どもがいない女性13人の人生

第3章子どもがいない女性の意識調査

第4章子どもがいない女性のカラダとココロ

第5章子どもがいない女性の心得

からなっています。

様々な理由から子どもがいない人生を歩んでいる女性たちのエピソードがメインです。

どれかに当てはまるので、多くの子なし女性に読まれている本だと思います。

『産めない』『産まない』には大きな違いがある。

私には心が痛くなる部分でした。

 

誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方

 

本のサブスクなら『Kindle Unlimited』がお得!

関連
Kindle Unlimitedの解約方法と使い方・探し方を徹底紹介!

続きを見る

まとめ

すでに現代では結婚=出産というイメージは薄れてはいますが、やはり結婚したのならば子どもを産まないといけない固定観念に縛られている方は多いです。

 

もちろん心から欲しいと思っている方もいらっしゃるので否定はしませんがもし世間的な目を気にしている、もしくは産まなければ結婚した意味がないと考えてしまっている方は、一度自分の気持ちを確かめる必要があります。

そのようなときに最適なのが、「私が子どもをもたない理由(わけ)」「産まないことは(逃げ)ですか?」「誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方」の3冊となります。

 

そして、子どもがいない自分を卑下して、引け目を感じて辛くなっているときに最適になのは「子なしのリアル」「子なし専業主婦ですが何か?」の2冊です。

また実際に不倫をされていなくても、「不倫されるとどうなるのかを書かれた不倫サレ日記。」を読むのはオススメです。

 

できれば男性の方にも読んでいただきたい1冊ですね。

人生楽しんだモン勝ちです!



-子なし主婦

Copyright© 選択子なし専業主婦の楽しい生活 , 2020 All Rights Reserved.